注意点

プエラリアミリフィカの注意点

プエラリアミリフィカは、女性に嬉しい効果がたくさん期待できます。
バストアップ、美肌効果、ダイエット効果、更年期症状の緩和…。
また、女性ホルモンを整えるために不妊にも効果があると言われており、不妊に悩む女性やお子さんが欲しい女性にとっては、非常に嬉しい成分でもあります。
そんなプエラリアミリフィカですが、いつどんなときでも摂取しても良いというわけではありません。
女性は月経や妊娠出産などによって、身体が常に変化をしているのですが、そんな中でプエラリアミリフィカを摂取してはいけないタイミングがあるのです。
では、摂取を控えなくてはならないときとは、どんなときなのでしょうか。

まず、不妊治療中は積極的に摂取したいプエラリアですが、妊娠がわかったら、摂取を控える必要があります。
妊娠中は、何もしなくても女性ホルモンが非常に多く分泌されています。
ただでさえホルモンバランスが崩れやすい時期であるため、ホルモンに直接作用をするプエラリアの摂取は控えましょう。

出産後も、授乳をしている間はプエラリアを摂取することを控える必要があります。
母乳には、母親が口にしたものの成分が含まれています。
プエラリアを摂取することで、少なからず母乳を飲む赤ちゃんの体内にもプエラリアミリフィカが取り込まれることになります。
成長段階にある赤ちゃんがプエラリアミリフィカによって、余分なホルモンを摂取してしまうと、健康障害や成長障害になってしまう恐れがあります。
赤ちゃんが男の子の場合は、生殖機能に障害が出ることもあります。
このようなことを防ぐためにも、授乳中はプエラリアミリフィカの摂取は控えましょう。

授乳時期と同様で、幼児期や子どものうちのプエラリアミリフィカの摂取も控える必要があります。
プエラリアミリフィカは、基本的に大人向けになっているため、身体の小さな子どもが摂取することで過剰摂取になりやすくなります。
また、成長段階にある子どもがプエラリアミリフィカの成分を摂取することで副作用を大きく受けることがあります。
こういった理由から、子どものうちはプエラリアミリフィカの摂取は控えるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 女性に魅力的な成分 All Rights Reserved.